HOME > カテゴリー '特集'
特集

特集

赤城山ヒルクライム

今年も9月30日(日)に、第7回大会となる「まえばし赤城山ヒルクライム大会 2018」が開催されます!
ヒルクライムはJプロツアーの公式ツアーが併催。トップサイクリストたちの迫力の走りをおたのしみに。
また、前日の9月29日(土)は、前橋市内を舞台にした周回ロードレース「まえばしクリテリウム2018」も開催されます。

詳細は http://www.akg-hc.jp/(まえばし赤城山ヒルクライム特設サイト) へ。

 

続きを読む…

赤城山周辺 春のハイキング特集

ハイキング, 特集, 登山, 2018.03.06(火)

春はいろどりの赤城山。4月上旬から各地の桃や桜がほころび始め、4月中旬過ぎには満開に。町なかで咲き始めたツツジは、新緑とともに5月、6月にかけて山腹を鮮やかに染め、山頂へと至ります。可憐な花々を追いかけて、赤城山の花のハイキングをお楽しみ下さい。

前橋市

●赤城神社参道松並木コース(平坦 約3km)

・赤城神社(三夜沢)
・慶長年間に植えられた松並木と4000株のヤマツツジ

三夜沢赤城神社の表参道は、約3キロにわたり1000本の松が両側に立ち並ぶ、美しい小径です。
日本の歴史的風土準百選にも選ばれている松並木で、松の根元には約4000株にも及ぶヤマツツジが植えられており、開花を迎える4月下旬から5月中旬には圧巻の景色に。

【赤城神社参道松並木とツツジ群】
http://www.city.maebashi.gunma.jp/kurashi/230/266/268/p002867.html

【赤城南麓のパワースポット 三夜沢町の赤城神社】
http://www.city.maebashi.gunma.jp/kurashi/230/266/268/p002864.html

■アクセス
赤城神社参道松並木は県道16号線に平行する遊歩道です。県道16号線から、参道松並木の北口と南口の2ヶ所の駐車場へ。

●赤城南面千本桜とぐんまフラワーパークコース(平坦 約3.5km)

ぐんまフラワーパークはまさに花の楽園、一年を通して咲き誇る姿を楽しめます。4月の主役・チューリップや、サクラソウの絨毯を堪能したら、周遊バスに乗って10分ほどで赤城南面千本桜へと花めぐり。市道約1.3kmを1000本の桜が彩って、満開時には見事な花のトンネルとなります。

【赤城南面千本桜まつり】
http://www.maebashi-cvb.com/event/03_senbonsakura/index.htm

【ぐんまフラワーパーク】
http://www.flower-park.jp/sp/flower-gardens/

■アクセス
フラワーパークへは、県道16号線から大きな看板を目印に。大胡駅よりタクシーまたはデマンドバスで15分。

●つつじが峰トレッキングコース(登山 登り2時間25分)

ツツジヶ峰東登山口からスタートし、関東平野展望の素晴らしい横引尾根へ。その名のとおり、4月~6月にかけて、各所に各種のツツジが時期を追って咲き誇る美しいルートです。
・横引尾根~銚子伽藍、アカヤシオ群生地(5月中旬)
・つつじヶ峰中間 ミツバツツジ群生地(5月下旬)
・つつじヶ峰下部 ヤマツツジ群生地(5月中旬)
【ルート】
http://www.maebashi-cvb.com/nature/akagi/akagimap/11.htm

■アクセス
県道336号線で「おおさる山乃家」方面へ。おおさる山乃家を通り過ぎ、約1キロで登山口へ。車数台分の駐車場があります。

桐生市

●花見ヶ原登山道ハイキングコース~黒檜山(登山 往復5時間/8km)

花見ヶ原森林公園から、赤城山の最高峰・黒檜山までは探勝歩道が良く整備されています。春はシラカバとカラマツの新緑、ツツジ・シャクナゲの花が見事です。

コ ー ス:花見ヶ原キャンプ場→(4.0㎞)→黒檜山→(4.0㎞)→花見ヶ原キャンプ場
http://akagi-yama.jp/archives/432

施設:花見ヶ原森林公園キャンプ場
開園期間:5月1日~9月下旬
宿泊施設:バンガロー・テント・シャワー・食堂施設・バーベキュー施設
http://www.city.kiryu.lg.jp/shisetsu/kouen/1007513/1007541.html

※各施設の利用料金は問合せ先にて確認してください。
問合せ先:
開園中(10月~4月) 花見ヶ原森林公園管理棟 電話 0277-96-3131
閉園中(5月1日~9月下旬) 黒保根支所地域振興整備課 電話 0277-96-2113

●利平茶屋登山道ハイキングコース(登山 往復5時間/5km)

コ ー ス:利平茶屋キャンプ場内登山口→(2.3㎞)→鳥居峠→(2.3㎞)→利平茶屋キャンプ場
昭和42年で営業を終えて廃線になった赤城山ケーブルカーの起点近くの登山口から整備された広葉樹林の中の気持ちの良い登山道を登り、赤城山山頂エリアの覚満淵に至るルート。
登山道の途中から、約800段の階段を登る分岐コースもありますが、急な斜度の階段が長く続くので、十分な注意が必要となります。

http://akagi-yama.jp/archives/432

施設:利平茶屋森林公園キャンプ場
開園期間:4月28日~10月31日※予約受付開始2月1日~
宿泊施設:バンガロー・テント・バーベキュー施設・大炉
http://www.city.kiryu.lg.jp/shisetsu/kouen/1007606/index.html

※各施設の利用料金は問合せ先にて確認してください。
問合せ先:開園中利平茶屋森林公園管理棟 0277-96-2588
閉園中黒保根支所地域振興整備課 0277-96-2113

■アクセス

桐生市または沼田市から、県道62号沼田大間々線を経由して経て各公園へ。両公園ともに駐車場が整備されています。
南郷の曲屋県道62沼田大間々線は、古くは沼田と桐生をつなぐ街道で、赤城山の北東側をぐるっと半周しています。
桐生市側からは、駅ナカ温泉でおなじみの渡良瀬渓谷鉄道・水沼駅の手前から山側に左折。木々を縫ってトンネルを抜け、沼田市文化財の南郷の曲屋や、しゃくなげの湯を経て沼田市へ至ります。春は新緑、秋には紅葉、豊かな自然に癒されるのんびりドライブにも最適。

みどり市

●小夜戸・大畑花桃ハイキング(平坦 約6㎞)

花輪駅~小夜戸・大畑花桃まつり会場~水沼駅

みどり市東町小夜戸大畑地区には、花桃の品種の一つである「しだれ桃」が約1,000本以上植栽された約2㎞に渡る花桃街道があります。
地元の人達が長年コツコツと植え続けてきたもので、今ではみどり市有数の人気スポットに。
毎年の見ごろは4月中旬から下旬まで、満開の頃に小夜戸・大畑花桃まつりが開催され、多くの人で賑わいます。
【みどり市観光ガイド 花桃まつり】
http://www.city.midori.gunma.jp/www/contents/1488863625862/index.html

■アクセス情報
わたらせ渓谷鐵道花輪駅から、東瀬橋(ひがせばし)を渡って渡良瀬川の対岸へ。駅ナカ温泉の水沼駅方面へと歩きます。
4月中旬の週末の花桃まつりの日には、駅から会場までの無料シャトルバスが運行されます。

昭和村

●赤城山船ヶ鼻登山道

牛石コース(登山・片道2時間30分~3時間/5.8km)
楢水コース(登山・片道2時間~2時間30分/4.0km)

2016年夏に開通した、新しい登山ルート。
楢水(ならみず)コースと、牛石(うしいし)コース、2本のルートがあり、「結婚の森」から分岐して赤城山山系の北面を上り、山頂の船ヶ鼻(標高1466メートル)を目指します。楢水コースの「つつじ平」からは沼田市街、谷川岳など日本百名山の山々を望め、また6月上旬ごろには「レンゲツツジ」が咲きます。頂上近くで両コースが再びひとつに。合流地点付近の「わらび平」からは、尾瀬の山々や皇海山などの日本百名山の山々を一望できます。

【ルート案内】
https://www.vill.showa.gunma.jp/kurashi/kankou/kankou/shisetsu/2017-0322-1523-28.html

■アクセス情報
関越自動車道昭和ICから、横浜市少年自然の家 赤城林間学園を経て、結婚の森駐車場へ。

赤城山の温泉ガイド

ハイキング, 特集, 登山, 2018.03.06(火)

関東一の温泉どころ・群馬県。赤城山にも、何百年の歴史を持つ名湯・秘湯から、プールやジャクジーの揃った最新の絶景日帰り温泉まで、思い通りの楽しみ方ができる温泉が揃っています。赤城山の大自然や四季折々の山河の恵をたっぷり満喫して、各地の個性ゆたかな温泉で極上のリラックスを!

歴史深い名湯・秘湯、料理自慢の隠れ宿

赤城温泉郷 花の宿 湯之沢館 御宿 総本家 赤城温泉ホテル
上州の薬湯として名高い歴史深い源泉を絶景自慢の露天風呂で満喫。

滝沢温泉 滝沢館
みどりに囲まれた秘湯の一軒宿。とれたての山菜や鍋料理に舌鼓。

旅籠 忠治館

重厚な古民家のたたずまいのお宿。露天風呂は絶景の滝見風呂。

赤城高原温泉 山屋蒼月
緑に囲まれた和の趣、プライベートをゆっくり楽しむおもてなしの宿。

梨木温泉 梨木館
伝統のキジ料理と、豊かな源泉かけ流しを楽しむ贅沢なくつろぎの宿。

老神温泉
名瀑・吹割の滝にほど近い片品渓谷沿いの温泉街。14軒の温泉宿と、8つのお風呂が楽しめる日帰り御施設がある。
四季の自然を楽しみ、伝説の温泉に浸かる。4月~11月は名物の朝市で賑わう。

個性の温泉

水沼駅温泉センター せせらぎの湯
トロッコ列車の走る、わたらせ渓谷鐡道の駅舎がそのまま日帰り温泉です。

大胡温泉 三山センター
井戸水は効能抜群のメタケイ酸含有泉だった!
風呂に料理に建物に、飾らない実力が光る昭和レトロのリーズナブルなお宿。

設備の充実の日帰り温泉

レジャーのお帰りは、施設の充実した温泉センターでリフレッシュ。

【北麓】
南郷温泉 しゃくなげの湯
白沢高原温泉 望郷の湯
昭和村総合福祉センター 昭和の湯

【南麓】
富士見温泉 見晴らしの湯ふれあい館
粕川温泉 元気ランド
荻窪温泉 あいのやまの湯
温泉施設かたくりの湯

わたらせ渓谷鐵道各駅イルミネーション

特集 2017.12.01(金)

 峡谷が色彩にあふれる春・秋には、毎号満席が続くほど賑わいを見せるトロッコ列車でおなじみのわたらせ渓谷鐵道。冬には、ダイナミックな景色を楽しむ新緑や紅葉の季節とは一変して、静かに美しい路線となる。
 日中は雪に覆われた渡良瀬渓谷の美景に郷愁を誘われ、日が沈めば漆黒に映えるイルミネーションに彩られた文化財の駅舎の幻想的な姿に心躍らせる。
わたらせ渓谷鉄道イルミネーション
2017年12月3日(日)~2018年2月28日(水)
期間中土日祝日はお食事とともにイルミネーションを楽しむ「イルミネーションの旅」開催。
続きを読む…

赤城山山麓市町村一押し!モデルコース

>>前橋市 赤城南麓、自然体験の旅
>>みどり市 絶景をたどり、湖畔の宿でのんびり癒され旅
>>昭和村 レンタサイクルで満喫する高原の風
>>桐生市 グループで楽しい本格派キャンプの旅
>>沼田市 赤城山の北面の自然を満喫、癒やされる旅

前橋市 赤城南麓、自然体験の旅

【1泊2日】赤城ICをスタート、赤城温泉郷で宿泊し伊勢崎ICへ

赤城山と赤城神社
山頂~山腹~山麓と、赤城山を巡って地域の魅力を贅沢に堪能するコース。

スタート 関越自動車道・赤城IC
↓ 車 30分
大洞赤城神社
 赤城山の山頂エリア、大沼のほとりには、女性にご利益がある赤城神社。赤城山山頂で自然を満喫。 1時間
↓ 車 20分
赤城ふれあいの森
 380mローラー滑り台や木工体験。 1時間30分
↓ 車 10分
そば街道
 国道353号、県道4号線沿いは美味しいお蕎麦が楽しめます。 1時間
↓ 車 10分
馬事公苑 乗馬体験 1時間
↓ 車 30分
上毛電鉄大胡電車庫見学
 (要予約)国の登録有形文化財の車庫や、貴重な車両(デハ104他)の見学 30分
↓ 車 15分
1日目ゴール 赤城温泉郷 秘湯ムードあふれる赤城山麓の宿に宿泊

2日目スタート 赤城温泉郷
↓ 車 20分
釣り堀銀座
 釣り体験 1時間30分 赤城山南麓の宮城地区には釣り堀が集中。釣った魚はその場で炭火焼きや唐揚げで。
↓ 車 30分
農産物の収穫体験
 イチゴ狩り(1月~5月)、ブルーベリー狩り(6月~9月)、ぶどう狩り(8月~10月)、リンゴ狩り(9月~11月)
↓ 車 20分
NPOまえばし農学舎
 (要予約)季節ごとの農業体験や収穫体験 2時間 
↓ 車 30分
ゴール 北関東道・伊勢崎IC

みどり市 絶景をたどり、湖畔の宿でのんびり癒され旅

【1泊2日】東武鉄道赤城駅発着、大間々駅よりわたらせ渓谷鐵道で草木湖へ。


「高津戸峡」の眺めがいいからとその名が付いた「ながめ公園」を散策。
わたらせ渓谷鐵道で移動し、列車の車両を利用した「レストラン清流」で昼食。
富弘美術館で心打たれる詩画を楽しんだ後は、草木湖畔に建つやすらぎの宿「サンレイク草木」に宿泊する。

スタート 東武鉄道 赤城駅
↓ 徒歩 15分
ながめ公園/ながめ余興場
 見学 30分 高津戸峡のながめがいいことが名前の由来になった「ながめ公園」。春にはサクラやツツジ、秋には菊が咲き誇ります。また、余興場内も見学できます。
↓ 徒歩 2分
高津戸峡
 絶景の渓谷に整備された遊歩道を楽しむ。 40分
↓ 徒歩 5分
大間々駅
↓ 列車 35分
↓ 渡良瀬川の風景を満喫。土日や夏休みにはトロッコ列車も運行します。
レストラン清流/神戸駅
 車両レストランで昼食。 60分
↓ バス 10分
富弘美術館
 生命の尊さ、やさしさを感じる詩画観賞。周辺遊歩道の散策もオススメ! 1時間30分
↓ バス 10分
ゴール サンレイク草木 庭園風露天風呂を堪能し宿泊。翌日はトレッキングやのんびり各駅巡りで帰路へ。
みどり市周遊

昭和村 レンタサイクルで満喫する高原の風

【日帰り】関越自動車道・昭和ICすぐ近くの道の駅あぐりーむ昭和を拠点に、レンタサイクルで。

昭和村サイクリング
平成29年3月よりあぐりーむ昭和で新たにスタートしたレンタサイクルで、赤城高原の広大な畑と美しい山々が織りなす景色を満喫。
昭和村で唯一のカフェ「やまぼうし」では谷川岳を始めとした北毛の山々を望みながら手づくりピザが楽しめます。

スタート 道の駅あぐりーむ昭和
 昭和ICを降りてすぐの道の駅。レンタサイクルを借りていざ出発
↓自転車 35分
昭和村貝野瀬ビューポイント 10分
谷川岳や武尊山まで、ぐるっと壮大なパノラマが広がります。
↓自転車 60分
カフェレストランやまぼうし 90分 昼食
 ピザは群馬県産の小麦粉に、地元の食材をふんだんにトッピング。薪窯で焼き上げた逸品を召し上がれ!
↓自転車 30分
ゴール 道の駅あぐりーむ昭和
 足湯で疲れを癒したり直売所でお買物
昭和村周遊

桐生市 グループで楽しい本格派キャンプの旅

【1泊2日】伊勢崎ICをスタート、赤城山中腹にある、自然豊かな市営森林公園のキャンプ場で宿泊。

花見ヶ原森林公園
山中のキャンプ場で新鮮地元野菜たっぷりのバーベキュー。
2日目は農家体験、お帰り前に全国でも珍しい駅ナカ温泉でさっぱりと。

スタート 北関東道・伊勢崎IC
↓ 道中スーパー等で肉類や魚介の準備を。
↓ 車 40分
道の駅くろほね・やまびこ
 おいし~い新鮮野菜や地元の山菜・キノコを購入。時間によってはランチもどうぞ。
↓ 車 10分(利平茶屋)/35分(花見ケ原)
1日目ゴール 利平茶屋森林公園または花見ケ原森林公園
 赤城山の中腹・大自然の中で、地産地消バーベキュー!夜はキャンプで語り合う!気軽にバンガロー宿泊も可能。

2日目スタート 利平茶屋森林公園または花見ケ原森林公園
↓ 車 10分(利平茶屋)/35分(花見ケ原)
(要予約)星定観光農園
 農家民宿も行う先進的な観光農園で、季節の農作業を体験。そば打ち体験も。
↓ 車 5分
水沼駅温泉センター
 露天風呂から渓谷美を堪能。お食事処「わたらせ庵」で、地元の名物を堪能してください。要予約の豪華駅弁ほか、お弁当も充実。わたらせ渓谷鉄道を数駅往復して車窓を楽しむランチもおすすめ。
↓ 車 3分
道の駅くろほね・やまびこ
 バーベキューで堪能した朝採れ野菜を今度はお土産に。みそ、こんにゃくなどの無添加の加工食品も人気です。
↓ 車 40分
ゴール 北関東道・伊勢崎IC
桐生市周遊

沼田市 赤城山の北面を周遊。自然満喫、癒やされる旅

【日帰り】沼田ICをスタートし、5時間ほどでスタートと同じ沼田ICへ。

吹割の滝
ブラタモリでタモリさんも眺めた河岸段丘や東洋のナイアガラとも呼ばれる吹割の滝で自然の雄大さを実感。その後は、古民家、温泉などでゆっくり、ゆったり日々の疲れを癒やし、リフレッシュできるコースです。

スタート 関越道・沼田IC
↓ 車 15分
河岸段丘ビュースポット
国道120号や利根沼田望郷ライン上に点在しているビュースポットから、河岸段丘を眺める。片品川沿いの河岸段丘は、広さ、高さともに大規模で、形もはっきりしているため多くの教科書で取り上げられるほど。背景には赤城山も見え、「裾野は長し赤城山」が実感できます。
↓ 車 10分
吹割の滝
 国指定天然記念物で、滝の規模は、高さ7m、幅30m余に及び、豪快に流れ落ちるその様は、「東洋のナイアガラ」とも呼ばれている。滝の回りを巡る1周約1時間の遊歩道。春は新緑、秋は紅葉などの渓谷美も堪能。
↓ 車 10分
フルーツ狩り
 さくらんぼ、ぶどう、りんご、いちご、プラム・プルーンなど季節のフルーツをたっぷり召し上がれ。
↓ 車 20分
南郷温泉「しゃくなげの湯」
源泉100%掛け流しの天然温泉。地産地消の味が楽しめる食事処「つつじ亭」や地元で採れた新鮮な野菜や物産品の直売所「南郷市場」も併設。
↓ 徒歩 3分
南郷の曲屋
 沼田市指定重要文化財。天明5年(1785年)の竣工と推定される、正式な書院造様式を備えた民家。当地の神官・鈴木家の住宅として、また役人の逗留施設として用いられたもの。足湯もあります。
↓ 車 30分
ゴール 関越道・沼田IC
沼田市周遊

桐生市観光イメージアップ映像について

イベント, 特集 2016.07.28(木)
桐生市の魅力を美しい映像でお届けします!
1 / 912345...最後 »

赤城山ライブカメラの映像

赤城大沼

群馬県の天気

赤城山スポット天気

日本気象協会
日本気象株式会社

交通情報は、このサイトの最下欄をご覧ください

赤城山 on Twitter「赤城山なう」

赤城山での思い出をTwitterでつぶやいてみませんか?
赤城山をツイッターでつぶやく

ブログ検索 赤城山