HOME > カテゴリー '赤城の神秘'
赤城の神秘

赤城の神秘

大胡城  特集・赤城山南麓の城跡

特集, 赤城の史跡 2015.02.17(火)

大胡城址入り口駅から1kmの本格城跡
大胡城は平安、鎌倉の昔から活躍した大胡氏の居城。
現在のこる城址は、戦国時代に整備されたもので、天文年間(1532~1555)の築城とされる。また、江戸時代に入り初代の大胡藩主となった牧野康成の手による整備のあとも残る。 続きを読む…

前橋城 特集・赤城山南麓の城跡

特集, 赤城の史跡 2015.02.13(金)

前橋城車橋門跡前橋城は、現在は群馬県庁や前橋市役所となっている、前橋市大手町の一帯にあった。
 戦国時代のには、このあたり一体の地名は、街道の橋のたもとに馬つなぎ場があったことに由来する「厩橋」で、藩は「厩橋藩(まやばしはん)」、城は「厩橋城(まやばしじょう)」だったが、江戸時代に入ってから酒井家第5代藩主の忠挙のときに、まるごと「前橋」「前橋藩」「前橋城」に改称された。
 この地に城が築かれたのは室町時代のこと。関東管領の山内上杉家に従っていた長野氏により、箕輪城の支城として作られた石倉城が厩橋城のルーツとされる。長野氏の一族は本流の箕輪長野氏、この厩橋城を拠点にした厩橋長野氏、そして長野一族の古くからの拠点である鷹留城の鷹留長野氏の3家の勢力で戦国時代を迎えた。
 厩橋長野氏は、上杉勢力の中では家老一族だった長尾氏である白井長尾氏や総社長尾氏ほどの権力はなかったが、上杉氏や長尾氏が謀反に内紛にと忙しい中で、次第に頭角を現し、本流の箕輪長野氏とともに西群馬の中心的存在に成長していった。 続きを読む…

10月18日(土) 赤城山のぼり隊 参加者募集中!!(上毛電気鉄道・音羽倶楽部主催)

 日本百名山の赤城の紅葉を堪能しよう!
・主なコース 黒檜山~駒ヶ岳
・集合日時 平成26年10月18日(土) 8:50
・集合場所 中央前橋駅
続きを読む…

赤城山 満開の桜と歴史を巡る旅

赤城山には麓から春が訪れる。花と新緑の名所の多い赤城山と裾野周辺の桜の名所・名木を巡っていこう。
いまや群馬を代表する桜の名所となった赤城山南面千本桜とその由来、白井宿の城下の賑わいを今に伝える八重桜、桐生市にある江戸の昔も人々を集める2本の名木、花桃と桜並木に彩られたわたらせ渓谷鐵道、ダイナミックな自然を背景に戦国の歴史も華やかな沼田市の一本桜の名木を紹介する。
続きを読む…

【特集】赤城山と鉄道
~赤城をめぐる鉄道のエピソードいろいろ~

特集, 赤城の史跡 2014.01.30(木)
赤城山を背に走る上毛電鉄

赤城山を背に走る上毛電鉄

■はじめに
いま、撮り鉄、乗り鉄、などのことばがあるように、鉄道のさまざまな魅力に関心をもつ方が増えています。
赤城山にも、鉄道にかかわるいろいろな歴史やエピソードがあります。
ここでは、そうした赤城山と鉄道に着目した意外な歴史やエピソード、沿線のみどころをご紹介します。
ぜひ、赤城山の新しい魅力を再発見してしていただき、赤城山へ足を運んでいただければと思います。
続きを読む…

【特集】東京・神楽坂と赤城山 
~歴史を超えた意外なつながり~

特集, 赤城の史跡 2013.12.27(金)
神楽坂

東京・神楽坂の様子

 料亭や個性的な店が立ち並び、江戸の情緒を残した魅力的な街、東京・神楽坂。ここには神楽坂・赤城神社があり、神楽坂周辺の人に深く親しまれています。
 一方、群馬の方にとって、赤城山にある赤城神社も広く親しまれています。

 神楽坂は、あまり知られていませんが、この赤城神社でのつながりをはじめ、赤城山と歴史的に非常に深いつながりがあるところです。
続きを読む…

赤城山ライブカメラの映像

赤城大沼

群馬県の天気

赤城山スポット天気

日本気象協会
日本気象株式会社

交通情報は、このサイトの最下欄をご覧ください

赤城山 on Twitter「赤城山なう」

赤城山での思い出をTwitterでつぶやいてみませんか?
赤城山をツイッターでつぶやく

ブログ検索 赤城山