HOME > 赤城の神秘 > カテゴリー '赤城の伝説'
赤城の伝説

赤城の伝説

赤城にまつわる伝説の数々を紹介します。TV番組でも群馬出身の糸井重里さんも参加して、大規模な発掘調査を行って話題になった徳川幕府の「赤城山の埋蔵金伝説」をはじめ、古来より伝わる日光二荒山と赤城山の神の神戦伝説、千葉県流山市の地名伝説まで幅広く紹介します。

赤堀道元の娘

赤城の伝説 2011.06.28(火)

赤堀道元の娘赤城山麓赤堀の豪族、赤堀道元の16歳になる娘が、お供を連れて赤城山に参拝出かけた。月田村で一休みしたが、ここで馬が倒れて死んでしまい、かごに乗り換えて月田村を出発したそうです。そして、娘は赤城山の小沼(コノ)のほとりで突然水中に引き込まれて沼の主の龍になってしまった。悲嘆にくれた赤堀道元は、娘の命日に供養として赤飯を重箱に入れて供えたそうです。すると翌日には空になった重箱が戻ってくる。その後、16歳の娘が小沼のそばを通るときは、引き込まれないよう身代わりに鏡を投げ入れるようになったそうです。

他にも小沼のほとりで沢山のムカデが現れ、沼に引き込まれ、龍蛇の姿になって現れた。赤堀氏の祖先藤原秀郷(俵藤太)のムカデ退治の因縁とする言い伝えがあります。

赤城山埋蔵金伝説

赤城の伝説 2011.06.28(火)

赤城山埋蔵金伝説①明治新政府は江戸城内の金蔵が空だったことから、幕府が御用金を隠匿したと判断して御用金探し行った。

②大政奉還時に幕府の財政責任者・勘定奉行であった小栗忠順が幕府の金を持って逃げたといった噂や「利根川を遡って来た船から誰かが何かを赤城山中へ運び込むのを見た」という証言があった。

③幕府の将来を憂慮した大老井伊直弼が莫大な金を埋蔵することを企て、井伊直弼が横死した後、およそ360万~400万両が赤城山麓に埋蔵された。小栗忠順は機を見て埋蔵金を掘り返し、幕府再興を画策する役を負っていた。 などの伝聞から赤城山埋蔵金伝説が生まれた。

2 / 212

赤城山ライブカメラの映像

赤城大沼

群馬県の天気

赤城山スポット天気

日本気象協会
日本気象株式会社

交通情報は、このサイトの最下欄をご覧ください

赤城山 on Twitter「赤城山なう」

赤城山での思い出をTwitterでつぶやいてみませんか?
赤城山をツイッターでつぶやく

ブログ検索 赤城山