HOME > カテゴリー '赤城の神秘'
赤城の神秘

赤城の神秘

自然観察会 ~スノーシューで赤城山の冬を探検しよう~

・紹介文
講師の先生によるガイドのもと、雪の上で様々な冬芽や野鳥に親しんでみませんか?雪が積もっているため、シカやウサギなどの動物の足跡もわかりやすくなっています。今までそこに動物がいたかのような、体験ができるかもしれません。
イベント詳細(外部リンク)

2/11土曜日 10-14時
・集合場所 
赤城ふれあいの森 さくらの広場駐車場(この場所へは、当公園ウェブサイトの「駐車場のご案内」をご覧ください)
・参加費
2100円(スノーシュー&ストック代、靴のサイズ21cmの方からレンタル可能)スノーシュー&ストックをお持ちの方は無料。
・持ち物
お弁当、飲料水、温かい服装、手袋、雨具、帽子、長靴
・予約・申込み、問い合わせ先
1/26木曜日まで。要予約。電話にて、お待ちしています。
(赤城ふれあいの森 木の家 027-287-8806)
・注意
この時期の森林公園は、雪のため道路が大変滑りやすくなっております。ご来場の際には、十分ご注意くださいますようお願いします。

写真1: 以前開催したイベントでの様子です。
写真2: 冬の赤城ふれあいの様子です。バーベキュー場近くのカラマツ林です。
写真3: 動物の足跡です。雪が積もっているため、よく見えます。
写真4: 冬の赤城ふれあいの森・木の家の中です。

ツツジの楽園 赤城山 山肌を彩るツツジを一挙解説!

 桜の饗宴が終わった赤城山、次は燃えるようなツツジの大群生が山を彩る。
 ふもとの市街や公園では4月から開花を迎えるツツジの花。春の暖かさは次第に山肌をのぼり、5月の中旬~7月にかけては、様々な種類のツツジたちが赤城山を白やピンクやオレンジに染め上げる。その様はまさにツツジの楽園。 白樺牧場のツツジが見ごろを迎える6月中に開催される赤城山新緑&つつじWEEKには、赤城山の大自然を楽しむイベントも開かれる。

 可憐なシロヤシオ、レンゲツツジの大群生、かわいらしいサラサドウダン・・・。登山で、ハイキングで、ドライブでも、その気になって見分ければ、赤城山で出会えるツツジは、10種類程度を数えることができる。
 そんな赤城山のツツジたち、「綺麗だね」「凄いね」と素朴に感動するだけでももちろん十分だが、今シーズンは各種の特徴を学んでいざ赤城山へ。華麗に見分けて、大きな感動を得てほしい。
続きを読む…

戦国時代の赤城山周辺

特集, 赤城の史跡 2015.03.17(火)

戦国時代の赤城山周辺は、上杉・北条・武田がとりあった関東三国志の舞台だ。それら3つの大勢力に対しては、地元勢力は時には敵となり、時には味方となり戦を繰り広げた。その一方で、地元勢力同士も、時に連合し、時に敵対し、領土拡大のチャンスをうかがった。

特に上杉・北条の取り合いは激しく、地域内の覇権争いも含めて二重・三重の構造となったため、赤城山周辺の戦国時代は、複雑でわかりにくい。 
特集シリーズ・真田氏ゆかりの赤城山麓の城跡】ならびに、【特集シリーズ・赤城山南麓の城跡】を読まれる上で、多少参考になればと、主な出来事や大きな流れを【赤城山周辺の大勢】としてまとめ、また、【主な登場人物】についてのメモをこのページの下部に用意した。

続きを読む…

特集・赤城山南麓の城跡

特集, 赤城の史跡 2015.03.17(火)

上杉勢と北条勢の争いの最前線

女淵城3
 上杉氏は、室町時代から関東管領の職を独占しつづけており、関東全域の武士たちを統括する立場として、大きな権力を持っていた。しかし、戦国時代に入ってからは、相次ぐ内紛や謀反で次第に弱体化していった。

 そんななか、新興勢力の北条氏が小田原を拠点に台頭し、関東の覇権をかけて、東京、埼玉、群馬へとその軍を進めていく。

 さて、そのころの赤城山の南麓周辺には、大小の武士の勢力があり、長尾氏、沼田氏、長野氏、由良氏、桐生氏、阿久沢氏、大胡氏、膳氏、那波氏といった面々が、それぞれの領地に居城を構えていた。彼らを巻き込んで、守る上杉と攻める北条。代々上杉の影響下にあった南麓の武将たちは、あるものは上杉にのこり、あるものは北条と盟を結ぶ。そして、めまぐるしい情勢の変化に応じ柔軟に立場を変え、したたかに生き残りをはかりながら、虎視眈々と、乱世での台頭を狙っていた。

 さて、全国的には織田→豊臣→徳川と権力の中心が移っていく戦国終盤戦。関東では、上杉が越後まで後退し、都に打って出ようとした武田が滅亡。最後に関東全域を勢力下に置いたのは新興勢力の北条だったが、その権勢も長くは続かず、豊臣秀吉の小田原征伐により滅亡してしまう。
 このとき多くの群馬・埼玉の武将たちは北条軍として豊臣秀吉と戦ったため、敗戦後はみな没落してしまった。あるものは帰農し、あるものはほかの大名に仕官する身となった。
 赤城山南麓の城たちも、その多くが、このとき没落した諸氏とともに、役割を終えて廃城となっていった。

 一般的には、「城」といったときにイメージされるのは、姫路城や彦根城のような、江戸時代までに建てられてそのまま現存する天守の姿だろう。
 あるいは石垣がきれいに残っていたり、再建構造物のある各地の城址公園も、身近な「城」の姿だろう。このようにいまにその姿を伝える城の多くは、戦国時代を生き延びて江戸時代の終わりまで藩庁として利用され城下の繁栄を見守った。そして、明治に入ってから新政府によって解体された城たちだ。

 その一方で、戦国時代の終わりとともに、その役割を終えて打ち捨てられた赤城山周辺の城たち。300年以上のときを経て、土塁や石垣の一部などの遺構を残すのみとなったものも多い。集落から離れた山腹の城跡などは、先にあげた身近な「城」のイメージとはだいぶ違う。
 戦のために作られ、戦の終りとともに忘れられた城たちは、戦の名残りを色濃く残し、ひとあじ違った迫力と魅力を持っている。
 地図から天然の守りを利用した立地を確認し、運動靴を履いて現地に赴こう。
 今に残る大規模な遺構をたよりに、当時の城の姿を想像してほしい。攻め落とす敵兵のつもりになって空堀を越えて目指すは小高い主郭。たどり着いたら、こんどは守る城主のつもりで来た道を見下ろす。いかに攻めにくく、そして守りやすいことか。そして高台から町を見下ろせば驚くほど遠くまで見通せる。彼方から攻め来るのは北条の軍か、武田の軍か。背後にそびえる居城をたよりに戦国時代を疾駆した武将たちと同じ気分を味わおう。

続きを読む…

特集・真田氏ゆかりの赤城山麓の城跡

特集, 赤城の史跡 2015.03.17(火)

北条・上杉・武田による覇権争いと、真田氏の沼田進軍

関東地方は、北条・上杉・武田による覇権争いの舞台となり、一部では「関東三国志」と呼ばれファンも多い。特に、上野国は関東平野と越後や信濃を結ぶ重要な拠点であり、数多くの戦いが繰り広げられた。
 戦国時代の後半には、武田氏は西群馬の長野業正を破って、拠点を確保。 信玄・勝頼の2代に仕えた真田昌幸の軍勢が中心となり、群馬中部、東部への勢力拡大を目指した。

2016年のNHK大河ドラマが「真田丸」に決定したが、主人公の真田信繁(幸村)は、沼田藩の初代藩主である真田信幸(信之)の弟である。そのため、赤城山周辺には沼田城をはじめ真田氏ゆかりの史跡も存在している。前橋市に平成27年1月10日からオープンした、2015年のNHK大河ドラマ「花燃ゆ」のメイキング映像や使用した衣装などを展示する「ぐんま花燃ゆ大河ドラマ館」(>前橋まるごとガイドの案内)と合わせて、「NHK大河ドラマ巡り」を楽しんでみてもおもしろい。 続きを読む…

八崎城 特集・真田氏ゆかりの赤城山麓の城跡7

特集, 赤城の史跡 2015.02.18(水)

八崎城(はつさきじよう)

八崎城1築城者についての確かな記録はありませんが、形状が似ていること、緊急の場合避難の城として使われたことなどから、白井長尾氏により、築かれたと考えられています。築城時期についても記録はありませんが、白井城とほぼ同時期と考えられます。

 南北600m、東西350mの三角形の区画内に遺構が構築されています。特集・真田氏ゆかりの赤城山麓の城跡シリーズの2~7の城跡の中では、白井城に次ぐ規模を誇ります。
 『上野国志』(安永3(1774)年 毛呂権蔵)に「不動山故城、八崎村にあり。利根川を隔ててあり、長尾左衛門尉が持の城なり、永正6(1509)年、長尾伊玄、越後の長尾為景と心を合せ、山内上杉を背により同6月上杉憲房大軍を帥て、白井、沼田両城を攻む、沼田は降り、白井は陥りぬ、伊玄は不動山に保す。白井には大森式部を居く、同7年伊玄白井を攻取りて帰住す。元亀3年長尾憲景、白井を破られて八崎に退く、天正元年白井に帰住す、天正18年、八崎先破れて白井落城す。」とあります。白井長尾氏の旧臣永井実平の書状によれば永正6年景春が退いた城は白井の西方8㎞の柏原ですが、前述したように、景春の白井城在城はないことから、柏原を含めて伝説か、後の事実との混同と考えられます。

 元亀3(1572)年武田信玄の白井攻略の先鋒は真田昌幸です。上記のように、このとき長尾憲景は八崎城に退き、翌年、上杉謙信の力を借り、白井城に戻ります。『上野国志』では「八崎」と記述されますが、「不動山」という記録もあり、八崎城と不動山城の混同が見られます。また、八崎城は規模が大きく、補給路も確保しやすいため、長期間、対抗のために籠城するには有利と考えられます。したがって、白井長尾氏は緊急の場合、まず、八崎城に退却し、戦況によっては本シリーズNo.6の不動山城を使用したと考えたいと思います。

 永井実平の書状には「八崎城は利根川以東の白井領である東廻(ひがしめぐ)り十騎を総轄していた城であって、三原田の永井出羽実利が城代をつとめ、米野の蛭川新左衛門や永井大学、萩原越後、吉田甚之丞、永岡刑部左衛門、塩谷勘解由左衛門、小保方左京、小保方兵庫、中島藤右衛門および足軽50人がここにつめていた。」と記されているので、白井長尾氏に従属する利根川東岸の武士の中心的な城と考えられます。
八崎城2
 白井城を囲むように、八崎城、箱田城、真壁城、猫城、勝保沢城、三原田城、津久田の砦が築かれていました。これら白井城の支城群は、天正18年の白井城開城の時に廃城となりました。

現地情報(群馬県渋川市北橘町分郷八崎)

八崎城3県道34号から酒屋さんを目印に南下すると、写真の案内看板が見える。
そのまま細い道を進むと本丸跡に到着する。説明板のとおり、畑として利用されている本丸跡の一部と、北側の堀がわずかに城の名残を残している。

城マップ

特集・真田氏ゆかりの赤城山麓の城跡 参考文献
『群馬県古城塁址の研究』上巻 山崎 一 著 1971年
『群馬県古城塁址の研究』下巻 山崎 一 著 1978年
『群馬県の中世城館跡』群馬県教育委員会 1988年
『敷島村誌』敷島村 1959年
『武田氏研究第18号』
「戦国大名武田氏の上野支配と真田昌幸」栗原 修1997年

2014年6月23日記

1 / 151234510...最後 »

赤城山ライブカメラの映像

赤城大沼

群馬県の天気

赤城山スポット天気

日本気象協会
日本気象株式会社

交通情報は、このサイトの最下欄をご覧ください

赤城山 on Twitter「赤城山なう」

赤城山での思い出をTwitterでつぶやいてみませんか?
赤城山をツイッターでつぶやく

ブログ検索 赤城山