HOME > キャンプ > 桐生市利平茶屋森林公園
キャンプ

桐生市利平茶屋森林公園

キャンプ 2014.09.18(木)

利平茶屋森林公園1標高1000mの赤城山登山口にある利平茶屋森林公園。周囲を山に囲まれた自然豊かな園内に、バンガロー、バーベキュー東屋、テントサイトが。
園内の清流・鳥居川で遊んだり、自然観察、焚き火やバーベキュー、星空観察など普通の「大自然キャンプ」に加え、遊歩道の先の山崖の滝(三崖との表記も)へのプチアドベンチャーや、鳥居峠~覚満淵に至る赤城山登山も楽しめる。


利平茶屋森林公園のキャンプサイト公園の入り口にあるのは水力発電施設。このキャンプ場の電源として利用され、余剰分の売電も行っている。そこから、木立に囲まれたバンガローにバーベキュー東屋が並び、その奥にテント広場が広がる。利用客は車の乗り入れができ、オートキャンプの手軽さで、深山の大自然を満喫できる。秋口からは野生の鹿も登場する。

自然直結!いざ赤城山の大自然へ

園内のつり橋テントサイトの横には赤城山の鳥居峠に至る登山道があり、ここから赤城山の鳥居峠まで、広葉樹林の登山道が続く。
利平茶屋~鳥居峠・覚満淵の詳細は登山ルート案内へ
鳥居峠へのルートは上り下りあわせて半日程度の行程になるので、旅のひとつのハイライトにも最適。

園内の遊歩道の入り口はつり橋だ。ここから先も、また木々の茂る大自然。
鳥居川沿いに遡上する遊歩道を15分ほど進むと、落差40メートルの山崖の滝が(三崖・三涯との表記も)。
ここにきたからにはぜひとも見ておきたいダイナミックな景観。道中はやや険しい箇所もあり、いわゆる「遊歩道」というよりは途中から登山に近くなるので、サンダルで滝を目指してはならない。

桐生市 利平茶屋森林公園 山崖(三崖・三階)の滝キャンプ設備に関していえば、トイレなどぴかぴかに清潔でシャワーや洗濯機まで揃ったような最新のキャンプ場を期待すると、それはとはちょっと違うのだが、自然派・登山派なら満点をつけるであろう、豊かで静か、安らげて楽しい、贅沢なキャンプ場だ。
そういえばシャワー設備もないが、大丈夫。わたらせ渓谷鉄道、水沼駅の水沼駅温泉センターまで車でちょっとだ。管理棟では利用者のための割引券もある。汗が心配な盛夏でも、ここは標高1000mの谷筋なので、むしろ防寒に気を使うレベルの快適さだ。

利平茶屋森林公園

開園期間:5月1日~10月31日
予約受付:2月~ 8:30~17:00
所在地:桐生市黒保根町下田沢地内
電話番号:0277-96-2588 (開園時期)/0277-96-2113 (閉園期間、黒保根支所地域振興整備課)
予約受付:8:30~17:00
利用案内・予約状況
  • このエントリーをはてなブックマークに追加  

赤城山ライブカメラの映像

赤城大沼

群馬県の天気

赤城山スポット天気

日本気象協会
日本気象株式会社

交通情報は、このサイトの最下欄をご覧ください

赤城山 on Twitter「赤城山なう」

赤城山での思い出をTwitterでつぶやいてみませんか?
赤城山をツイッターでつぶやく

ブログ検索 赤城山