HOME > 農産物 > 「赤城町のいちご狩り」体験ノート
農産物

「赤城町のいちご狩り」体験ノート

農産物 2012.02.20(月)

新鮮ないちごを楽しめる観光いちご園のメッカ

渋川市赤城町樽地区は、国道沿いに大型観光いちご園が立ち並ぶ、群馬県内でも有数のいちご産地です。「あきひめ」「紅ほっぺ」「やよいひめ」「とちおとめ」など、色々な品種のいちごを食べることができます。

 

カップルなど幅広く人気

ファミリーはもちろん、最近ではデートコースの一つとして、または女の子の友だち同士なども多く、若い人まで幅広い人気があります。土日などは混み合うので早い時間がおすすめです。

 女性の方はヒールはなるべく避けたほうが無難かも。また、ハウス内は受粉のため蜂を飼っているので、キツい香水はNG。特に小さいお子さんはむやみに巣にいたずらしないでね。

おいしい食べ方をこっそり伝受

摘み方は、房ごと摘むのではなく、ヘタの少し先を摘むのがコツ。また甘味は大きさや形によってあまり変わらないので、ゴツゴツしていたり、スーパーで売っているように形が整っていなくても十分美味です。

 そして、ヘタの方から先に向かって食べていくのが、いちごのおいしい食べ方。いちごは先にいくほど甘いので、この食べ方だと最後にいくほどより甘さを感じられるようになるのです。

菜の花狩りや直売所のご当地グルメも

いちごは種類によって栽培方法にも向き不向きがあり、例えば「とちおとめ」などは昔ながらの土耕栽培が適しているそう。それぞれ良い点があり、高設栽培は清潔で摘み取りやすく、土耕栽培は養分にこだわったいちごが味わえます。

 年によっていちご狩りの他に、ハウスの前の菜の花畑で摘み菜狩りを楽しめるいちご園もあり、常連さんの中では季節になるとそれを目当てにくる方もいるほど。

 また、併設の直売所で、採れたいちごと搾りたての牛乳から作る特製のジェラートや、自家製手作りジャムなど、旬のご当地グルメを味わうのも楽しみです。

(平成22年2月取材、協力:STRAWBERRY FARM 陽一郎園

◆赤城町樽地区の観光いちご園情報はこちら→ http://akagi-yama.jp/archives/8360

  • このエントリーをはてなブックマークに追加  

赤城山ライブカメラの映像

赤城大沼

群馬県の天気

赤城山スポット天気

日本気象協会
日本気象株式会社

交通情報は、このサイトの最下欄をご覧ください

赤城山 on Twitter「赤城山なう」

赤城山での思い出をTwitterでつぶやいてみませんか?
赤城山をツイッターでつぶやく

ブログ検索 赤城山