HOME > 温泉&宿泊 > 水沼駅温泉センター せせらぎの湯
温泉&宿泊

水沼駅温泉センター せせらぎの湯

温泉&宿泊 2011.06.29(水)

水沼駅温泉センター せせらぎの湯事前に新聞折込で配布されたチラシ(水沼駅温泉センタープレオープン 4月19日13:00~17:00 無料記念品付)に誘われて、出かけました。
昨年11月の一時休業の発表以来、再開を望む声も聞かれる中、この度、モンテディオ総合企画株式会社(代表取締役神山 登)が、わたらせ渓谷鉄道株式会社から経営受託し、再開の運びとなりました。(社長を含め社員13名:男性7名、女性6名)13:00の開場前から行ってみましたら、再開を待っていた馴染みの顔が大勢ならんで開場を待っておりました。

先ず受付にはフレッシュな明るい女性が2名おり、にこやかに迎えてくれ、とても良い印象でした。 男性社員はどことなく不慣れな面が見えましたが、ヤリトリの声もハッキリしていて熱意は感じられ、今後の対応に期待を持ちました。

水沼駅温泉センター せせらぎの湯社長の神山 登さんはみどり市東町花輪在住で前みどり市職員です。サンレイク草木のオープン当時の支配人をしており、国民宿舎の人気ランキングの全国一位を取得した実績をお持ちで、今後の経営に期待が持てます。
山笑う季節、山桜・花桃・新緑のわたらせ渓谷に、時を得た再写真 せせらぎの湯 お風呂&食事処開をこころより祝福したいと思います。

一時休業の中から、わたらせ渓谷鉄道およびわたらせ渓谷沿線に水沼駅温泉センターは無くてはならない存在と改めて気付いた人々はたくさんおられたと思います。

運営コンセプトとして「地元に愛される憩いの場」「一度来館したお客様が二度・三度来館して三度目には自分の施設のように振舞える施設」「おもてなしの心で施設運営する。」を掲げております。

大浴場・かっぱ風呂(大露天風呂)・サウナ も清潔にミガキあげており、準備努力がうかがえました。広間の食事処はテーブル毎に今の時期のお花が添えられて、以前との心遣いの違いを出しておりました。“赤城おろしソバ天ぷら付”を注文しましたら、ふきの葉、たらの芽、セリ、よもぎ、ねぎぼうず 5品の天ぷらが出てきて大変幸せを感じました。

水沼駅温泉センター せせらぎの湯

日帰り
営業日:年中無休
営業時間:11:00~20:00 (カッパ露天風呂はわ鐵トロッコ列車運行日 12:00~17:00)
入館料: 大人600円、子ども(3歳~12歳)400円、身障者(3歳~)400円
●割引 友の会会員大人600円→400円 小人・障害者400円→320円
18時以降それぞれ300円 わ鐵フリー切符・ぐ~ちょきパスポート、JAF、E-NEXCO…2割引
桐生市高齢者無料券がご利用いただけます。

●個室使用料 平日3時間3,000円、土、日、祝日、夏休み3時間4,000円、延長1時間1,000円
所在地:群馬県桐生市黒保根町水沼120-1
電話番号:0277-96-2500

  • このエントリーをはてなブックマークに追加  

赤城山ライブカメラの映像

赤城大沼

群馬県の天気

赤城山スポット天気

日本気象協会
日本気象株式会社

交通情報は、このサイトの最下欄をご覧ください

赤城山 on Twitter「赤城山なう」

赤城山での思い出をTwitterでつぶやいてみませんか?
赤城山をツイッターでつぶやく

ブログ検索 赤城山