グルメ

川魚グルメ館くるま かわざかなぐるめかんくるま

グルメ 2011.06.28(火)

川魚グルメ館くるま国道353号線、渋川市赤城町の『溝呂木』という信号を渋川市街地方面に400メートルほど下ると道路の右側に店の看板があります。看板に沿って車を進めると、「川魚グルメ館くるま」があります。
湧水で育てた川魚(いわな・にじます・うぐい・こい)や、わさび・クレソン・セリ等を作り、自家製の食材で自家製の炭を利用し、心のこもった料理を家族4人で提供しています。
この辺りでは、湧水を飲料水にしており、農薬等はまかず、水質や魚についても年に1回検査を行っているそうです。


川魚グルメ館くるまこの「川魚グルメ館くるま」には湧水だけを利用して1年を通して釣りが楽しめる池も3つあり群馬県内をはじめ埼玉や東京など首都圏を中心にグループや家族連れなどにも訪れ、釣りを楽しんでいます。また、貴重な自然をそのまま残している湧水の源泉にはホタル・ホトケドジョウ・サワガニなどたくさんの生き物を見ることができるそうです。自然の恵みは素晴らしいですね。

川魚グルメ館くるまさて、昼食時ということで、定食を頂くことにし、友人は「にじますの塩焼定食」私は「いわなの刺身定食」をいただきました。
「にじますの塩焼定食」(1,050円)は、焼きたての「にじます」が食べられて、お得感があります。自家製の炭(敷地内に炭焼き釜を持っている)と熱を保つ専用の焼き場で焼く塩焼きは、身がふんわりとしていて、とても美味しいです。
川魚グルメ館くるま川魚グルメ館くるままた、「いわなの刺身定食」(1,450円)は鮮度抜群で、2年ほど育てられたワサビを自分でおろしていただきます。おろしている時はワサビの香りが素晴らしく、くちにするとたちまち目がパッチリするほどですが、「いわな」につけていただくと、「いわな」が甘く感じ、最高の薬味を演出しています。また、刺身にした「いわな」の皮を湯がいて、ゆずぽんをかけた1品も、柚子のほんのりとしたすっぱさがなんとも言えません。各定食の副菜として、クレソンの油炒め、ワサビの粕漬け、ワサビの醤油漬け、たくわん、ひらたけのお味噌汁がついていました。副菜は、季節に応じて変わるということです。そして、味噌汁に入っていた、ヒラタケもそして、みそも自家製なのだそうで、昔懐かしいみその香りと味がしました。

この他に、魚やわさびそれにクレソンなどの湧水で育てた採りたての食材を活かしたコース料理・定食もあり、自家製の炭で焼く焼き鳥や焼きおにぎりをはじめご飯類や麺類といった食事メニューもあります。

川魚グルメ館くるまここには、3つのお座敷(それぞれ20人ほど座れ、全部を合わせると70人ほど座れる)があり、お祝い・法事・忘新年会など各種宴会もでき、貸切の池で会社や地域のレクレーションとして釣り大会、生ビールサーバーを設置して家族連れから団体まで楽しめるバーベキューなど、ビジネスやレジャーそれに冠婚葬祭などに利用でき、マイクロバスのレンタカーもあります。

赤城の恵み、豊富な湧水を水神様を祭って地域の飲料水として守ってきました。赤城の恵みを凝縮して味わうにはベストのお店です。 家族の温もりも添えられた料理の数々です。釣り堀も湧水だけを利用しているので水温が安定しているということで年間を通して楽しめるところです。家族そろって楽しめるところです。

川魚グルメ館くるま川魚グルメ館くるま川魚グルメ館くるま

川魚グルメ館くるまかわざかなぐるめかんくるま

所在地:群馬県渋川市赤城町溝呂木390
電話番号:0279-56-2673
営業時間:4月~9月 9時~19時, 10月~3月 10時~19時
http://kawazakanagurumekan-kuruma.com/
  • このエントリーをはてなブックマークに追加  

赤城山ライブカメラの映像

赤城大沼

群馬県の天気

赤城山スポット天気

日本気象協会
日本気象株式会社

交通情報は、このサイトの最下欄をご覧ください

赤城山 on Twitter「赤城山なう」

赤城山での思い出をTwitterでつぶやいてみませんか?
赤城山をツイッターでつぶやく

ブログ検索 赤城山