HOME > 赤城の神秘 > 赤城の伝説 > 流山地名伝説
赤城の伝説

流山地名伝説

赤城の伝説 2011.06.28(火)

流山地名伝説流山のまちには標高15mほどの「赤城山」という小山があります。伝説によると、その昔大洪水によって群馬の赤城山が崩れ、その土塊がこの地に流れ着いてできた山で、山が流れて来たから“流山”という地名がついたのだそうです。また、赤城神社のお礼が流れ着いたからとも言われているそうです。 この小山「赤城山」の山頂にも赤城神社が祀られていて、その伝説の書かれた碑も見ることができるそうです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加  

赤城山ライブカメラの映像

赤城大沼

群馬県の天気

赤城山スポット天気

日本気象協会
日本気象株式会社

交通情報は、このサイトの最下欄をご覧ください

赤城山 on Twitter「赤城山なう」

赤城山での思い出をTwitterでつぶやいてみませんか?
赤城山をツイッターでつぶやく

ブログ検索 赤城山