HOME > 赤城の神秘 > 赤城の自然 > 赤城山の山頂湖 大沼・小沼・覚満淵
赤城の自然

赤城山の山頂湖 大沼・小沼・覚満淵

赤城の自然 2011.08.24(水)

赤城山大沼の夏赤城山は山だけじゃない!水辺レジャーとワカサギ釣りの大沼、高層湿原の覚満淵、静謐な美しさの小沼。外輪山に抱かれて清澄な水をたたえる3つの湖沼が、高原リゾート赤城山のもうひとつの魅力です。
黒檜山や駒ケ岳、地蔵岳などの外輪山に囲まれた、標高1,350メートル付近の赤城山山頂エリアには、3万年前までの赤城山の火山活動で作られた、カルデラ湖の大沼・覚満淵があり、その南東の標高1,470メートルの位置には長七郎山の火口湖の小沼があります。
3湖ともに、赤城山山頂バス停から徒歩やレンタサイクルで移動できる範囲にあり、また周囲には駐車場などが整備され、豊かで静かな自然が気軽に楽しめます。

大沼(おの)

夏の大沼キャンプや水遊び、ボート、散策、サイクリング、冬のワカサギ釣りなど、山頂エリアのレジャーの中心地の大沼。
大沼の詳細はこちら

覚満淵(かくまんぶち)

大沼の東にある高層湿原。「小尾瀬」とも呼ばれる豊かな湿原植生が魅力。
覚満淵の詳細はこちら

小沼(この)

小沼から黒檜山を望む
手付かずの貴重な自然がのこる、静謐なエリア。長七郎山が湖面に美しく映り込み、周囲には亜高山帯の多様な植物が自生します。
小沼の詳細はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加  

赤城山ライブカメラの映像

赤城大沼

群馬県の天気

赤城山スポット天気

日本気象協会
日本気象株式会社

交通情報は、このサイトの最下欄をご覧ください

赤城山 on Twitter「赤城山なう」

赤城山での思い出をTwitterでつぶやいてみませんか?
赤城山をツイッターでつぶやく

ブログ検索 赤城山