HOME > 赤城の神秘 > 赤城の史跡 > 木曽三社神社
赤城の史跡

木曽三社神社

赤城の史跡 2011.06.28(火)

木曽三社神社木曽義仲ゆかりの神社で、 木曽義仲の没後その遺臣であった今井、高梨氏らが、義仲の崇敬の厚かった長野の延喜式内三社(岡田、沙田、阿礼)を勧請し、元暦元年(1184)に創建したといいます。
老樹の茂る境内には、流造りの本殿や拝殿などが建ち、本殿右奥にはかっては名水と讃えられた泉“湧玉(わくだま)”があり、明治時代には宮内省御用生洲に選定され、ここで育つ鮎を毎年宮内庁に献上していたそうです。

木曽三社神社

所在地:渋川市北橘町下箱田1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加  

赤城山ライブカメラの映像

赤城大沼

群馬県の天気

赤城山スポット天気

日本気象協会
日本気象株式会社

交通情報は、このサイトの最下欄をご覧ください

赤城山 on Twitter「赤城山なう」

赤城山での思い出をTwitterでつぶやいてみませんか?
赤城山をツイッターでつぶやく

ブログ検索 赤城山