樹齢約120年のソメイヨシノに会いに来ませんか‼︎

2016.04.03(日)

赤城南麓の金剛寺(前橋市苗ケ島町1148)の本堂脇の境内に植えられている、ソメイヨシノとシダレザクラが見頃となってきました。

このソメイヨシノは、明治31年(1898)に植えられたという記録が残っている古木です。

現存するソメイヨシノで最古の植栽記録が残っているのは青森県弘前公園の桜で明治15年(1882)です。
金剛寺の桜とは16年の差がありますが、「ソメイヨシノ寿命60年」なんていう説がある中で、倍の120年近い樹齢ですからすごいですよね。
今年も見事な花を咲かせてくれています。

また、隣のシダレザクラは、「藤生沢のお角桜」(桐生市新里町)の子で、昭和24年に植えられたものです。

赤城南面千本桜からすぐですので、ソメイヨシノの古木に会いに来てみませんか。 パワーをもらえるかもしれませんよ。

金剛寺のソメイヨシノとシダレザクラ

金剛寺のソメイヨシノとシダレザクラ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加  

関連記事

    None Found

赤城山ライブカメラの映像

赤城大沼

群馬県の天気

赤城山スポット天気

日本気象協会
日本気象株式会社

交通情報は、このサイトの最下欄をご覧ください

赤城山 on Twitter「赤城山なう」

赤城山での思い出をTwitterでつぶやいてみませんか?
赤城山をツイッターでつぶやく

ブログ検索 赤城山