HOME > 赤城の神秘 > 赤城の史跡 > 不動山城 特集・真田氏ゆかりの赤城山麓の城跡6
特集

不動山城 特集・真田氏ゆかりの赤城山麓の城跡6

特集, 赤城の史跡 2015.02.18(水)

不動山城(ふどうやまじよう)二城(にじよう)見立城(みたちじよう)

 白井長尾氏に仕えた見立権太郎の築城と伝えられます。(天文(1532~55年)の頃)南北190m、東西280mの規模です。
 永正6(1509)年6月、関東管領上杉憲房に追われ、白井城主長尾(ながお)伊玄(いげん)入道(景春(かげはる))が不動山城に難を逃れたと伝えられますが、上記の築城時期と合わないこと、近年の研究で景春は白井城に在城しなかったことなどから、伝説と考えられます。
 天正7年12月、武田氏は城主河田重親を従属させ、沼田地域への攻勢を強めていきました。

城マップ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加  

赤城山ライブカメラの映像

赤城大沼

群馬県の天気

赤城山スポット天気

日本気象協会
日本気象株式会社

交通情報は、このサイトの最下欄をご覧ください

赤城山 on Twitter「赤城山なう」

赤城山での思い出をTwitterでつぶやいてみませんか?
赤城山をツイッターでつぶやく

ブログ検索 赤城山