HOME > 赤城の神秘 > 赤城の史跡 > 膳城  特集・赤城山南麓の城跡
特集

膳城  特集・赤城山南麓の城跡

特集, 赤城の史跡 2015.02.18(水)

武田の勇猛を物語る「素肌攻め」の逸話の残る城
築城年代は室町時代の中頃であろうと考えられている膳氏の居城。
戦国時代に入ると赤堀氏に追われるが、膳氏は太田金山の横瀬成繁の家臣となり、その助けによって長享2年(1488)に帰城する。
その後横瀬氏は由良氏とあらため、一帯に勢力を拡大していく。
時代も下って戦国後期。北は上杉、南は北条、西は武田と、群馬で巨大勢力がにらみ合うなか、元亀3年(1572)に越相同盟が崩壊し、上杉と北条が争う状況に。由良氏は北条方に付くが、膳氏は上杉方にのこった。
4月、膳家当主の膳備中守は上杉勢を手引きして、北条に従う足利市の小俣城(渋川氏)を攻撃するが、攻城戦で討ち死にしてしまう。
膳城は6月に反撃に押し寄せた渋川氏、由良氏らの軍勢に攻められて陥落。まだ幼い膳氏のあととりの春松は、謙信を頼って落ち延びていった。
天正2年(1574)2月の謙信の侵攻で再度上杉方のものとなると、羽生城を後北条に追われた木戸氏の一党が膳城に移転し、上杉方の最前線となる。その後も北条方の由良氏との小競り合いが続いた。
膳城2

膳城の素肌攻め

天正6年(1578)、上杉謙信が没すると、後継者争いの混乱(※御館の乱)が勃発する。
膳城を含む東群馬には、上杉景虎を支持する後北条氏が北上し、膳城も景虎-後北条の勢力に入っていた。

御館の乱が武田方の支持する上杉景勝の勝利で収束した天正8年(1580)のこと。 武田勝頼は甲越同盟により東上州の割譲を受けたが、一帯の城には景虎-後北条の勢力がそのまま残っており、膳城もその一つだった。それらの城を攻略すべく、勝頼の東進が行われた。

勝頼が膳城付近を巡検していた折。
平服で膳城の辺りを通りかかると、膳城の中では酒盛りが行われており、酒に酔った城兵が喧嘩のついでに通りかかった武田軍にまで攻撃を仕掛けてきた。
武田勝頼らは鎧で武装していないにも関わらず、これを受けてたち撃退する。武田信豊は反撃ついでに攻城を主張したところ、勝頼は武装せず攻城するなんてとんでもないと静止するが、土屋惣蔵昌恒が勢いに乗って攻城戦に突入してしまった。
武田軍は犠牲を出しつつも、ついに城を攻め落としてしまう。これが武田軍の勇猛を伝える「膳城の素肌攻め」のお話。

武田と後北条勢力のせめぎ合いが始まるが、これからわずか2年後には、武田家は織田・徳川・北条連合軍に破れて滅亡し、膳城も廃城となっていく。

※御館の乱(おたてのらん)
 上杉謙信の死後、長尾家から謙信に養子に入っていた上杉景勝と、後北条家から上杉家に養子に入っていた上杉景虎とが家督を争った内乱。後北条家はもちろん一族である上杉景虎を支援し、また武田も当初は甲相同盟によって景虎を支持していた。劣勢にたたされた景勝は武田に領地割譲と引き換えの同盟を求めて、甲越同盟が成立した。

 ここまでは甲相同盟があり、[武田信玄&北条氏政] vs 上杉謙信の時代から、次第に[武田信玄・勝頼&北条氏政+ 上杉謙信] vs 織田信長、という流れがあったが、ここから急に[上杉景虎&北条氏政] vs [上杉景勝&武田勝頼]の構図となって後継者を争った。
結局は [上杉景勝&武田勝頼]が勝利して武田は東群馬を割譲されたが、ここはそもそも上杉謙信と北条氏政が領有を争っていた地。東群馬をめぐる戦いは、今度は武田 vs 後北条となって再開された。

膳城本丸跡

現地情報

粕川歴史民俗資料館(前橋市粕川町膳89)の南
現地案内板によると、かなり大規模な城であったようだが、外郭は畑や宅地に開発されている。それでも本丸とその空堀、二の丸などは、とてもよく保存されている。
上毛電鉄の膳駅から徒歩で10分程度、駐車場は本丸の北にある粕川歴史民俗資料館の駐車場を利用するといい。また、近くに前橋市粕川出土文化財管理センターがあり、発掘調査で出土した資料が保管されているが、現在、一般公開を中止している。見学を希望する場合は、事前に前橋市文化財保護課(Tel:027-280-6511)へ問い合わせが必要となる。

公益財団法人群馬県埋蔵文化財調査事業団のウェブサイトに「戦後、国会議員だった膳桂之助(ぜんけいのすけ)さんが本丸一体を買い上げて地元に寄付し、地元の人たちが大切に守っている城」とあり、石碑にもその名が残されていた。

城マップ

<<特集・赤城山南麓の城跡に戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加  

赤城山ライブカメラの映像

赤城大沼

群馬県の天気

赤城山スポット天気

日本気象協会
日本気象株式会社

交通情報は、このサイトの最下欄をご覧ください

赤城山 on Twitter「赤城山なう」

赤城山での思い出をTwitterでつぶやいてみませんか?
赤城山をツイッターでつぶやく

ブログ検索 赤城山